篠原一『誰がこまどり殺したの』

現代文学100字レビュー

作品情報

篠原一『誰がこまどり殺したの』の表紙画像
タイトル
誰がこまどり殺したの
かな
だれがこまどりころしたの
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
I, said the Sparrow / Sleep, baby, sleep / God bless the moon (ほか)
評価
★☆☆☆☆
レビュー
「僕は変態に失敗するから、おとなの獣にはなれないで、きっと、死ぬ。もう、死期が近いんだ」。夢の中のような爽快感が漂う森で、ただ死へと歩きさる少年達の物語。「横組み」という文字修飾に頼りがちなので減点。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント