池澤夏樹『真昼のプリニウス』

現代文学100字レビュー

作品情報

池澤夏樹『真昼のプリニウス』の表紙画像
タイトル
真昼のプリニウス
かな
まひるのぷりにうす
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
真昼のプリニウス
評価
★★★★★
レビュー
火山学者として浅間山に迫る頼子。電話からランダムに話が流れるシステム「シェヘラザード」。非現実的な対話と予言が科学者たる彼女を揺さぶり疑念を抱かせる。科学と物語の狭間という構図は著者の作風そのものだ。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント