池澤夏樹『バビロンに行きて歌え』

現代文学100字レビュー

作品情報

池澤夏樹『バビロンに行きて歌え』の表紙画像
タイトル
バビロンに行きて歌え
かな
ばびろんにゆきてうたえ
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
夜の犬 / 老獣医 / ブルー・プレート (ほか)
評価
★★★★☆
レビュー
国を逃れ日本へ上陸した若い密入国者。気づけば音楽をやっている。ロックバンド物語になっている。誰もが他人で、当たり前に孤独だ。人や異文化とぶつかって溶け合う時に出る不協和音、傷つきやすくて強いのが青春。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント