新井千裕『天国の水族館』

現代文学100字レビュー

作品情報

新井千裕『天国の水族館』の表紙画像
タイトル
天国の水族館
かな
てんごくのすいぞくかん
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
天国の水族館
評価
★★☆☆☆
レビュー
「消える妻」という文学ジャンルが存在するかのようにきっぱりと消える妻。理由も分からず探す主人公に、父の愛人や売春クラブが絡む。「ブルー」と東京タワーの関係が美しく成就するのと、料理が旨そうなのが救い。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント