篠原一『天国の扉』

現代文学100字レビュー

作品情報

篠原一『天国の扉』の表紙画像
タイトル
天国の扉
かな
てんごくのとびら
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
天国の扉
評価
★★☆☆☆
レビュー
自分が確かに殺したはずの男が目の前に現れ、人を殺すよう命じる。「死にたい奴っていうのは案外多いんだよ」。非現実的な空間で死は甘美的に歪む。張り巡らした伏線を一切無視したまま唐突に終わる、夢想的な作品。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント