池澤夏樹『母なる自然のおっぱい』

現代文学100字レビュー

作品情報

池澤夏樹『母なる自然のおっぱい』の表紙画像
タイトル
母なる自然のおっぱい
かな
ははなるしぜんのおっぱい
著者
NDC
914 文学>日本文学>評論 エッセイ 随筆
目次
ぼくらの中の動物たち / ホモ・サピエンスの当惑 / 狩猟民の心 (ほか)
評価
★★★★☆
レビュー
自然と人間の関係を静かに見つめたエッセイ集。環境保護を声高に訴えるのではなく、自然のカタチとそこに住む動物、その一種であるヒトの姿を描写することで、実効的な環境論となっている。科学的考察としても強固。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント