池澤夏樹『マシアス・ギリの失脚』

現代文学100字レビュー

作品情報

池澤夏樹『マシアス・ギリの失脚』の表紙画像
タイトル
マシアス・ギリの失脚
かな
ましあすぎりのしっきゃく
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
マシアス・ギリの失脚
評価
★★★★★
レビュー
親日家の独裁者が支配する呪術的南島。日本からの慰霊団を乗せたバスが突然消滅し、独裁者は島の霊力に沈み始める。遠い祝祭。広大でシビアな物語世界に、バス・リポートの軽妙さが救いだが、それゆえ救いなく重い。
舞台

商品詳細&購入情報

このページへのコメント