池澤夏樹『骨は珊瑚、眼は真珠』

現代文学100字レビュー

作品情報

池澤夏樹『骨は珊瑚、眼は真珠』の表紙画像
タイトル
骨は珊瑚、眼は真珠
かな
ほねはさんごめはしんじゅ
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
眠る女 / アステロイド観測隊 / パーティー (ほか)
評価
★★★☆☆
レビュー
「眠る女」で始まり「眠る人々」で終わる短編集。だから全部夢みたいなものだ。呪術的な沖縄、天文台潜入。いろいろな仕掛けが入っているが、遠くから眺めているような静寂感はずっとある。その種の緊張が心地よい。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント