池澤夏樹『読書癖 3』

現代文学100字レビュー

作品情報

池澤夏樹『読書癖 3』の表紙画像
タイトル
読書癖 3
かな
どくしょへき3
著者
NDC
019 総記>図書館・図書館学>読書 読書法
目次
作家の伝記 / 編集は楽しい / 会社の名前 (ほか)
評価
★★★☆☆
レビュー
書評ほか本界隈の話、第三弾。ストックからフローへと変わる読書傾向だとか「いかに蔵書を退治するか」という章にしても、現在的な「情報」の本質を考える姿勢がよく分かる。書評では「ライ麦畑」とかも入っている。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント