池澤夏樹『明るい旅情』

現代文学100字レビュー

作品情報

池澤夏樹『明るい旅情』の表紙画像
タイトル
明るい旅情
かな
あかるいりょじょう
著者
NDC
915 文学>日本文学>日記 書簡 紀行
目次
汽車と、世界の本当の広さについて / アジアは汽車がいい / ジュバへ行く船 (ほか)
評価
★★★★☆
レビュー
すなわちポジティブな邂逅だ。明るい旅情だけが、旅の記憶を正確に再現する。とは言うものの、土地の歴史や未来には悪い夢のように湿った部分もあるのだけれど。カリブ海、イギリス、沖縄、北欧などを巡る紀行文学。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント