池澤夏樹『むくどり最終便』

現代文学100字レビュー

作品情報

池澤夏樹『むくどり最終便』の表紙画像
タイトル
むくどり最終便
かな
むくどりさいしゅうびん
著者
NDC
914 文学>日本文学>評論 エッセイ 随筆
目次
誰か故郷を思わざる / 名護親方の教え / 馬毛島を提案します (ほか)
評価
★★★★☆
レビュー
「普天間飛行場移転先私案」として実現可能な実際の地名を出しているのはすごい。胸を張って沖縄の特異点とその誇りを体現している。「自分がやるべき仕事」というような意欲のため連載エッセイもこんなに色を持つ。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント