いとうせいこう『からっぽ男の休暇』

現代文学100字レビュー

作品情報

いとうせいこう『からっぽ男の休暇』の表紙画像
タイトル
からっぽ男の休暇
かな
からっぽおとこのきゅうか
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
第1話 篤志家の銅像 / 第2話 一寸法師 / 第3話 鶏の恩返し (ほか)
評価
★★★★☆
レビュー
南の島で休暇をとる僕のもとへ不気味に忍び寄る童話。一寸法師やピノキオ、親指姫などがゆっくりと南風に溶け合って、混乱とリラクゼーションを同時にもたらす。間違ってるよぅと焦れるうちに引きこまれる連作短編。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント