いとうせいこう『波の上の甲虫』

現代文学100字レビュー

作品情報

いとうせいこう『波の上の甲虫』の表紙画像
タイトル
波の上の甲虫
かな
なみのうえのこうちゅう
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
第一章 10月4日 火曜日 / 第二章 10月5日 水曜日 / 第三章 10月6日 木曜日 (ほか)
評価
★★★★☆
レビュー
奇妙な長編。南国でバカンスを過ごす作家の日常と彼の描く物語の生活が何度も裏返る。現実と虚構を激しく行き交いながら結局現実なんてどこにもないんだと言っているようだ。さすがいとうせいこう、コンセプトの鬼。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント