清水義範『日本語の乱れ』

現代文学100字レビュー

作品情報

清水義範『日本語の乱れ』の表紙画像
タイトル
日本語の乱れ
かな
にほんごのみだれ
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
日本語の乱れ / 場所か人か / たとえて言うならば (ほか)
評価
★★★☆☆
レビュー
ほのかにパスティーシュな短編集。どれもエッセイ風のすわりのよさがあるので「ほのかに」なんて言ってみるけども。後書きも兼ねるような好印象な作品で締めてたり随所に職人風情はある。音声入力ソフトには笑った。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント