井沢元彦『卑弥呼伝説 ― 地に降りた神々

現代文学100字レビュー

作品情報

井沢元彦『卑弥呼伝説』の表紙画像
タイトル
卑弥呼伝説
かな
ひみこでんせつ
副題
地に降りた神々
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
第一章 神の密室 / 第二章 ヒムカとトヨ / 第三章 吉野ヶ里の幻 (ほか)
評価
★★★★☆
レビュー
「ヒミコは殺された」という言葉を残して死んだ友人。その密室殺人の謎を、そして邪馬台国の謎を追って行くうち主人公の身にも危険が迫る。ミステリーというより邪馬台国論争への自説を小説という形で発表した論文。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント