角田光代『学校の青空』

現代文学100字レビュー

作品情報

角田光代『学校の青空』の表紙画像
タイトル
学校の青空
かな
がっこうのあおぞら
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
パーマネント・ピクニック / 放課後のフランケンシュタイン / 学校ごっこ (ほか)
評価
★★★★★
レビュー
理由のない死への誘惑、クラスメイトと研ぎあう自意識、少女達の抱える鬱を正面から捕らえて横へ流すやり口。演じてるんだかそれが自分なのか分からなくなる「学校ごっこ」の泣けないほど美しいラストに感じ入った。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント