角田光代『まどろむ夜のUFO』

現代文学100字レビュー

作品情報

角田光代『まどろむ夜のUFO』の表紙画像
タイトル
まどろむ夜のUFO
かな
まどろむよるのゆーふぉー
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
まどろむ夜のUFO / もう一つの扉 / ギャングの夜
評価
★★★☆☆
レビュー
UFOを見にやってきたとか恋人はブラウン管の向こうだとか「理解の外」にある弟を観察し、理解の内でしか生きていない自分の生活を振り返る。どっちが正しいかなんて問えないなら、一度理解放棄するしかないかな。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント