川上弘美『蛇を踏む』

現代文学100字レビュー

作品情報

川上弘美『蛇を踏む』の表紙画像
タイトル
蛇を踏む
かな
へびをふむ
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
蛇を踏む / 消える / 惜夜記
評価
★★★★☆
レビュー
踏んだ蛇が女になり、部屋に住みつく。次第に彼女を「蛇に似た母のようなもの」として交わり始める。柔らかな文体で描かれる寓意のない寓話。「消える」は吉田戦車のストーリー漫画風な怪しさだが、作者は楽しそう。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント