高橋源一郎『虹の彼方に』

現代文学100字レビュー

作品情報

高橋源一郎『虹の彼方に』の表紙画像
タイトル
虹の彼方に
かな
おーばーざれいんぼう
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
第一話 虹の彼方に / 第二話 ラストダンスは私に / 第三話 クリストファー・コロンブスのアメリカ大陸発見 (ほか)
評価
★★★★★
レビュー
クリストファー・コロンブスになるために、お弁当をもって出発しよう。金子光晴や『カール・マルクス』が踊る優しい寝物語。これほど知的でこれほど意味不明瞭な物語を誰が書けるだろう? 栄光のポストモダニズム。
舞台

商品詳細&購入情報

このページへのコメント