川上弘美『溺レる』

現代文学100字レビュー

作品情報

川上弘美『溺レる』の表紙画像
タイトル
溺レる
かな
おぼれる
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
さやさや / 溺レる / 亀が鳴く (ほか)
評価
★★★★★
レビュー
突き出した棘に刺さりに行くようなアイヨクの表題作が痛くて好き。不条理系の短編集にも関わらず「ああこれも愛だよな」というピリピリした安堵感がそれぞれの短編にあって。このバランスの有り無しが重要だと思う。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント