重松清『きみの友だち』

現代文学100字レビュー

作品情報

重松清『きみの友だち』の表紙画像
タイトル
きみの友だち
かな
きみのともだち
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
あいあい傘 / ねじれの位置 / ふらふら (ほか)
所要
4時間
評価
★★★★☆
レビュー
「友だち」というものをいろんな角度から描いているが、どれも身に染みる。子供はこの関係性に悩んで育つのだ。最終章の大団円に至るまで、作品のフレームを壊しかねないあざとさがあるのだが、存分泣けるのは確か。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント