高橋源一郎/英隆『朝、起きて、君には言うことが何もないなら ― Tokio feminites

現代文学100字レビュー

作品情報

高橋源一郎/英隆『朝、起きて、君には言うことが何もないなら』の表紙画像
タイトル
朝、起きて、君には言うことが何もないなら
かな
あさおきてきみにはいうことがなにもないなら
副題
Tokio feminites
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
朝、起きて、君には言うことが何もないなら
評価
★★★☆☆
レビュー
女優や歌手、愛すべき女達の肖像と、彼女達が凝視める先にあるポップでスイートな物語。僕は「おはよう」としか言えないけれど、君はきっと微笑ってくれるだろう。その後は、インディアン・コーラを一緒に飲むのだ。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント