小林恭二『電話男』

現代文学100字レビュー

作品情報

小林恭二『電話男』の表紙画像
タイトル
電話男
かな
でんわおとこ
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
電話男 / 迷宮生活
評価
★★★★☆
レビュー
孤独な現代にあって、電話でのコミュニケーションで唯一他人と接続できる哀しい人間達の物語。それは(ハルキ文庫解説にあるように)確かにインターネット時代を予見するものであるんだろう。暗闇で静かに語り合おう。
舞台

商品詳細&購入情報

このページへのコメント