小林恭二『荒野論』

現代文学100字レビュー

作品情報

小林恭二『荒野論』の表紙画像
タイトル
荒野論
かな
こうやろん
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
荒野論 / ゴブリン / 記憶 (ほか)
評価
★★★☆☆
レビュー
短編集。いや、詩集なのかもしれない。理詰めの心地よさが著者の魅力の一つだ。「斜線を引く」のデジタルな反復運動をはじめ、この多彩な作品群でそのことがよくわかる。『小説伝』の自己解体というべき物語も収録。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント