小林恭二『悪夢氏の事件簿』

現代文学100字レビュー

作品情報

小林恭二『悪夢氏の事件簿』の表紙画像
タイトル
悪夢氏の事件簿
かな
あくむしのじけんぼ
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
悪夢氏最初の御挨拶 / 新・自殺クラブ / 不死の悩み (ほか)
評価
★★★☆☆
レビュー
いままで悪い夢しか見たことがないという悪夢氏のもとに持ちこまれる悪夢的事件を描く連作的長編。「自殺クラブ」、不死の悩み。理知的であるということは世の中が退屈に見えるということ。全てが馬鹿げたゲームで。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント