小林恭二『瓶の中の旅愁 ― 小説の特異点をめぐるマカロニ法師の巡礼記

現代文学100字レビュー

作品情報

小林恭二『瓶の中の旅愁』の表紙画像
タイトル
瓶の中の旅愁
かな
びんのなかのりょしゅう
副題
小説の特異点をめぐるマカロニ法師の巡礼記
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
瓶の中の旅愁
評価
★★★☆☆
レビュー
小説の仕組みを事細かにあげつらうメタ・フィクション。「最高の言葉」を求めてマカロニ法師一行は世界を旅する、小説という小さな容器から逸脱することを楽しみながら。物語に浸らせないことが、物足りなくもある。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント