小林恭二『浴室の窓から彼女は』

現代文学100字レビュー

作品情報

小林恭二『浴室の窓から彼女は』の表紙画像
タイトル
浴室の窓から彼女は
かな
よくしつのまどからかのじょは
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
浴室の窓から彼女は
評価
★★★☆☆
レビュー
ラブストーリー、確かにそうなんだけれど微妙。妄想の小部屋に閉じこもっている男と、妄想を実現させるタイプの女、現実的な妄想のありかたを探してるようだ。作者がウィザードリィ好きであることだけはよく分かる。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント