小林恭二『邪悪なる小説集』

現代文学100字レビュー

作品情報

小林恭二『邪悪なる小説集』の表紙画像
タイトル
邪悪なる小説集
かな
じゃあくなるしょうせつしゅう
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
銃を持つ少女 / 再臨 / 救済 (ほか)
評価
★★★☆☆
レビュー
「虚構は混沌を分類するコードに過ぎない」という台詞を借りれば、確かに邪悪なものとして分類されるんだろうな。ちょっと怖くって解説できない短編もありつつ。奇妙なラブストーリー「予言」が何故だか身に染みる。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント