小林恭二『カブキの日』

現代文学100字レビュー

作品情報

小林恭二『カブキの日』の表紙画像
タイトル
カブキの日
かな
かぶきのひ
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
カブキの日
評価
★★★★★
レビュー
世界座の楽屋に広がる広大な迷宮を蕪は進む。切幕を与えられた京右衛門の荒れた舞台に、やがて神が降りてくる。歴史を越える「藝」を描きながら文藝の魅力を発揮した長編。神の舞というクライマックスに目も釘付け。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント