小林恭二『首の信長』

現代文学100字レビュー

作品情報

小林恭二『首の信長』の表紙画像
タイトル
首の信長
かな
くびののぶなが
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
筑波嶺日記 / 聖者伝 / 怨霊巌流島 (ほか)
評価
★★★★★
レビュー
歴史管理人のミスから運を失くした信長。何度リセットしてもその首はあっさりはねられる。SFチックな歴史小説集で、ドタバタの中にも色気ある文章。ファンなら怒りそうな幕末の志士伝(オットセイの西郷)なんてのも。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント