小林恭二『モンスターフルーツの熟れる時』

現代文学100字レビュー

作品情報

小林恭二『モンスターフルーツの熟れる時』の表紙画像
タイトル
モンスターフルーツの熟れる時
かな
もんすたーふるーつのうれるとき
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
君枝 / 友子 / 千原 (ほか)
評価
★★★☆☆
レビュー
町の風景を食い尽くす「誰とでも寝る女の子」、美貌のために命を削る元彼女、僕はある約束を思い出さなければならない。連作的長編だが、変わり続ける歴史をただ眺める無力感が味わえる。そんな微笑ましく深い絶望。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント