鴻上尚史『朝日のような夕日をつれて ― 第一戯曲集

現代文学100字レビュー

作品情報

鴻上尚史『朝日のような夕日をつれて』の表紙画像
タイトル
朝日のような夕日をつれて
かな
あさひのようなゆうひをつれて
副題
第一戯曲集
著者
NDC
912 文学>日本文学>戯曲
目次
朝日のような夕日をつれて
評価
★★★★★
レビュー
第一戯曲集。ゴドーを待ちながら、終わらない遊戯に明け暮れる世界。いや、終わりを遊んでいるのだろうか? 強力な無意味は神の領域だ。同時代的エンタテイメントでありながら、そこから走り去る速度がたまらない。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント