鴻上尚史『ハッシャ・バイ』

現代文学100字レビュー

作品情報

鴻上尚史『ハッシャ・バイ』の表紙画像
タイトル
ハッシャ・バイ
かな
はっしゃばい
著者
NDC
912 文学>日本文学>戯曲
目次
ハッシャ・バイ
評価
★★★★★
レビュー
流れ星は10分に1度見られる、僕達は10分に1度は願う事を許されているのだ、という「希望」は素晴らしい。絶望の水脈を駆けぬける夢。深い深い眠り。サイコ・ダイブのように心の奥底に何があるのか見極めた傑作戯曲。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント