鴻上尚史『ピルグリム』

現代文学100字レビュー

作品情報

鴻上尚史『ピルグリム』の表紙画像
タイトル
ピルグリム
かな
ぴるぐりむ
著者
NDC
912 文学>日本文学>戯曲
目次
ピルグリム
評価
★★★★☆
レビュー
オアシスという物語に取りこまれていく作者。伝言ダイヤルに、新しい村に、人々は集い去ってゆく。そこがユートピアであるためには何が必要で、誰が不必要なのか。永遠に幸せな場所なんてないんだ。虚ろな幻想の地。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント