鴻上尚史『恋愛王』

現代文学100字レビュー

作品情報

鴻上尚史『恋愛王』の表紙画像
タイトル
恋愛王
かな
れんあいおう
著者
NDC
914 文学>日本文学>評論 エッセイ 随筆
目次
”待つほどいい”って言ったわね。長く待ちすぎたんじゃない? / いっしょに堕ちよう。 / 変な所に意地をはって顔では平気な顔をしているんです私って。 (ほか)
評価
★★★★☆
レビュー
そうか、ついに恋愛を論じるか。映画や小説のなかの言葉を引用しながら、本当に相手を理解し自分を理解するための方策を伝道する。いい男(女)と出会うためにいい女(男)にならなきゃいけない。確信的大人のエッセイ。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント