高橋源一郎『優雅で感傷的な日本野球』

現代文学100字レビュー

作品情報

高橋源一郎『優雅で感傷的な日本野球』の表紙画像
タイトル
優雅で感傷的な日本野球
かな
ゆうがでかんしょうてきなにほんやきゅう
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
偽ルナールの野球博物誌 / ライプニッツに倣いて / センチメンタル・ベースボール・ジャーニー (ほか)
評価
★☆☆☆☆
レビュー
長編。ストーリーからの遠心分離はますます速度を増し、野球が書いてあるのかどうかもあやふや。うーん、僕にはさっぱり分からない作品なんです、三島賞にも拘らず。野球が嫌いという個人的事情もあるかもしれない。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント