鴻上尚史『パレード旅団』

現代文学100字レビュー

作品情報

鴻上尚史『パレード旅団』の表紙画像
タイトル
パレード旅団
かな
ぱれーどりょだん
著者
NDC
912 文学>日本文学>戯曲
目次
パレード旅団
評価
★★★★★
レビュー
『もうひとつの地球にある水平線のあるピアノ』を発展改訂した物。いじめられっ子のコミュニティーと解散する家族、二つの世界が同時展開する。コミュニケーションの欠落、役割を演じる社会を扱った意欲作。壮絶だ。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント