高橋源一郎『文学がこんなにわかっていいかしら』

現代文学100字レビュー

作品情報

高橋源一郎『文学がこんなにわかっていいかしら』の表紙画像
タイトル
文学がこんなにわかっていいかしら
かな
ぶんがくがこんなにわかっていいかしら
著者
NDC
914 文学>日本文学>評論 エッセイ 随筆
目次
「たけのくん」のゲーム / 「尾辻克彦」探険記 / 高校生のための文芸時評入門 (ほか)
評価
★★★★☆
レビュー
冒頭、松苗あけみの漫画で意表をつく文芸評論。橋本治や田中小実昌にまじって広告や少女漫画、ドラクエという物語まで論じてしまう懐の深さ。文字ならなんでも読む「活字飢餓」的切迫感が充満。日本語が好きな人だ。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント