チャールズ・ブコウスキー/青野聰『ありきたりの狂気の物語』

現代文学100字レビュー

作品情報

チャールズ・ブコウスキー/青野聰『ありきたりの狂気の物語』の表紙画像
タイトル
ありきたりの狂気の物語
かな
ありきたりのきょうきのものがたり
原題
Tales Of Ordinary Madness
著者
NDC
933 文学>英米文学>小説 物語
目次
狂った生きもの / 日常のやりくり / 一ドルと二十セント (ほか)
評価
★★★☆☆
レビュー
性格破綻者の自己愛といった風情の薄汚れた短編集。酒、女、ギャンブルで身を崩すための俗悪な生き方指南。本来2冊で1冊だったという『町でいちばんの美女』と併せ読むべきなのだろうが、通読すると疲れるだろうな。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント