鴻上尚史『ものがたり降る夜』

現代文学100字レビュー

作品情報

鴻上尚史『ものがたり降る夜』の表紙画像
タイトル
ものがたり降る夜
かな
ものがたりふるよる
著者
NDC
912 文学>日本文学>戯曲
目次
ものがたり降る夜
評価
★★★★★
レビュー
セックスに正面から向き合った戯曲。現代の問題を考える上での立脚点としていくらか民俗学的手法を選び取っている。物語り物語られながら静かに降り積もるセックスの真理。愛なんて甘いことを言ってる場合ではない。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント