渡辺浩弐『マザー・ハッカー ― 1999年のゲーム・キッズ 2

現代文学100字レビュー

作品情報

渡辺浩弐『マザー・ハッカー』の表紙画像
タイトル
マザー・ハッカー
かな
まざーはっかー
副題
1999年のゲーム・キッズ 2
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
第1話 にせものの月 / 第2話 残機 / 第3話 宗教戦争 (ほか)
評価
★★★☆☆
レビュー
「バーチャル・リアリティ・テクノロジーの面白いところは、現実がねつ造されうるものだということを僕たちに知らしめてくれることです。それが、現実の価値を危うくしてしまうのです」後書き引用だけで申し訳ない。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント