渡辺浩弐『BLACK OUT』

現代文学100字レビュー

作品情報

渡辺浩弐『BLACK OUT』の表紙画像
タイトル
BLACK OUT
かな
ぶらっくあうと
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
シークレット・アクセス / Futurity1 設計された子供たち / Futurity2 プラズマ・ゲーム (ほか)
評価
★★★★☆
レビュー
TV深夜ドラマの原作。科学捜査官がハイテク犯罪を追い詰める一話完結の近未来SFであり、クローンやウィルスなどネタも実にテレビ的。科学万能時代への懐疑たるラストが感傷に流れたのは賛否両論だろうが、僕は賛同。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント