楠見朋彦『マルコ・ポーロと私』

現代文学100字レビュー

作品情報

楠見朋彦『マルコ・ポーロと私』の表紙画像
タイトル
マルコ・ポーロと私
かな
まるこぽーろとわたし
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
マルコ・ポーロと私 / 跋 ルスティケロと私
評価
★★★☆☆
レビュー
牢獄の中、マルコという捕虜が語る異世界探訪物語を書きとめる「私」。語り手と聞き手の役割が反転する業は予想内だけれど美しい。歴史小説だから嘘でもいいのだがマルコってこんな独り言が止まらない親父だったの?

商品詳細&購入情報

このページへのコメント