町田康『爆発道祖神』

現代文学100字レビュー

作品情報

町田康『爆発道祖神』の表紙画像
タイトル
爆発道祖神
かな
ばくはつどうそじん
著者
NDC
914 文学>日本文学>評論 エッセイ 随筆
目次
焼き鮭と石の憎い奴の前で俺、ひっひっひっ / ぷりぷりの尻としゃらくさいものども / 怒りが岡持と花に吸着して身代が築けぬわ
評価
★★★★☆
レビュー
詩なのかもしれないがたぶん短編集なんだろう。これまでの文体を磨き自己修練するがごとき反復。写真と微妙に食い違うので、そのズレが温い語尾と手をとりあって。楽勝な孤独。「てっ」て笑っておきましょう。てっ。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント