花村萬月『屠られし者、その血によりて』

現代文学100字レビュー

作品情報

花村萬月『屠られし者、その血によりて』の表紙画像
タイトル
屠られし者、その血によりて
かな
ほふられしものそのちによりて
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
I 月の光 / II サマー・タイム / II 流氷 (ほか)
評価
★☆☆☆☆
レビュー
修道院で殺人兵器として育てられた美貌の少女たる紫苑、指令通りに「神の敵」を消して行くことに疑問を感じ始める。アクション映画風に人が殺されてくのを見て楽しむべき一冊。ラストシーンは確かに絵として美しい。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント