花村萬月『聖殺人者イグナシオ』

現代文学100字レビュー

作品情報

花村萬月『聖殺人者イグナシオ』の表紙画像
タイトル
聖殺人者イグナシオ
かな
せいさつじんしゃいぐなしお
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
プロローグ / 第一章 檻の中 / 第二章 豚小屋 (ほか)
評価
★★★★☆
レビュー
『ゲルマニウムの夜』の原型。修道院で育ったイグナシオは完璧な知性と容姿をもつ。衝動的な暴力と性欲、快楽主義というその作風の一端がストレートに出ている。純粋に本能のまま人を殺す者に救いはあるのだろうか?

商品詳細&購入情報

このページへのコメント