花村萬月『ヘビィ・ゲージ』

現代文学100字レビュー

作品情報

花村萬月『ヘビィ・ゲージ』の表紙画像
タイトル
ヘビィ・ゲージ
かな
へびぃげーじ
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
歓喜の歌 / ドランカー / 狐の秋 (ほか)
評価
★★★★☆
レビュー
短編集。どれも重くて参ってしまうのだがやはり「ナッシング・バット・ザ・ブルース」が秀逸だ。この溢れんばかりの哀しみはどうだ。怪しげなヴードゥ娼館のイメージが強力に爆ぜる。結局皆どこまでも他所者なんだ。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント