花村萬月『永遠の島』

現代文学100字レビュー

作品情報

花村萬月『永遠の島』の表紙画像
タイトル
永遠の島
かな
とわのしま
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
序章 / 第一部 液体ダイヤモンド / 第二部 幾億の夜 (ほか)
評価
★★☆☆☆
レビュー
バミューダ海域のように船が消える事件。中心となる日本海の孤島・匂島では何が起こっているのか。秘密を握る老人は驚異的な若い肉体を持っている。科学的な考察が多くまるで古きよき時代のSFのようだが、やや力技。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント