花村萬月『わたしの鎖骨』

現代文学100字レビュー

作品情報

花村萬月『わたしの鎖骨』の表紙画像
タイトル
わたしの鎖骨
かな
わたしのさこつ
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
わたしの鎖骨 / カオル / 秋の話 (ほか)
評価
★★☆☆☆
レビュー
短編集。オートバイ事故の表題作、四コマ漫画的な「カオル」、父と息子の「秋の話」などバラバラな印象ではある。眠り猫だったりもする。「加速度的にして、慣性の法則を無視して、光さえねじ曲げる」ブスが楽しげ。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント