花村萬月『セラフィムの夜』

現代文学100字レビュー

作品情報

花村萬月『セラフィムの夜』の表紙画像
タイトル
セラフィムの夜
かな
せらふぃむのよる
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
セラフィムの夜
評価
★★☆☆☆
レビュー
天使のような肉体をもつ涼子と、半分韓国の血が流れる右翼山本の純愛物語。自分は何者なのかという古典的な問いを暴力とセックスに昇華する。宿命的な悲劇がニ人を結びつけている。エッジの上を歩くような危うさで。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント